珍味誕生物語

ロサンゼルスの北に位置する太平洋岸のサンタバーバラはウニの一大産地です。アラスカから流れ込む寒流と豊富な海藻が大粒で旨みのあるウニを育てる絶好の条件となっています。丸秀のウニは、サンタバーバラで水揚げされたものをすぐに自社工場で加工し、皆様のお手元にお届けしております。

サンタバーバラ、サンペドロ港から出発

朝日が昇る前、丸秀契約のダイバー達は、北はサンタバーバラ、南はサンペドロ港からそれぞれ船を出し、長年の経験から季節や海水温度、潮の流れ、えさの状況などを考慮し、ウニ漁に最適のスポットを割り出し漁を行います。

ウニの女王”赤ウニ”を獲る

水深10m以上海に潜り、貴重な赤ウニを1つ1つ丁寧に手で収穫しています。赤ウニは大きいものだと直径19cmにもなります。

陸揚げ

サンタバーバラ沖合いで獲れたウニの水揚げ作業です。1籠で重さ約400~500lbs.位です。

急いで工場へ

水揚げされたウニはクレーンを使い、船から丸秀トラックへ積み込まれ、工場へと運ばれます。

工場に到着

丸秀ロングビーチ工場に到着したウニはすぐに工場内に運び込まれます。

殻割り

ウニの殻割り作業です。

中身の取り出し

中身の取り出し作業。ウニは大変くずれやすいので、素早く丁寧に身を取り出していきます。

臓器の除去

取り出した身には臓器等食べられない部分もあるので、これをひとつひとつ丁寧に取り除いていきます。

選 別

この段階で選別も行います。ウニは開けてみるまで分からない物で、同じ場所で獲れたものでも個体差がありますので、色の悪い物や形の悪い物はこの時により分けます。獲れたウニで商品として使える物は約50%程です。厳しい選別をパスしたものだけ商品となります。

箱詰め

選別を終えたウニは箱詰め作業されます。形をくずさぬよう、見た目を綺麗にと経験と技術がものをいいます。

皆様の元へ

箱詰めを終えた生ウニはすぐに出荷されます。また、一部は雲丹酒盗やルイベ等へと加工された後、宅配されます。
このようにお届けします